パソコン・スマホ備忘録

パソコン、スマホ、マイコン、家電などの備忘録と日記

ネットワーク パソコン 備忘録

WindowsのWindowsの「接続」アプリでLAN上のPCをサブモニターにする

通常サブモニターを使用するには、PCにディスプレイを複数接続します。しかしWindowsの「接続」アプリを使えば、Windows PCをLANを介してサブモニターにすることが簡単にできます。

まずはサブモニターしたいPCで「接続」アプリを起動します。検索入力欄に「接続」と入力すると簡単に探すことができます。

Windowsの接続アプリ

起動できたらすでにそのPCはサブモニターとして接続する準備が完了しています。画面には「~ワイヤレス接続する準備ができました。」と表示されます。

続いてメインのPCのアクションセンターで接続を選びます。

メインPCから接続を選ぶ(Windows10)

出てきた一覧から先ほどのPCを選べばサブディスプレイとして機能するようになります。

メインのPCからクライアントのディスプレイのPCのキーボードやマウスを使うように設定することができますし、「ディスプレイの設定」からディスプレイの配置や拡大と縮小、レイアウトなどを通常のディスプレイと同様に変更することできます。

ディスプレイの設定

欠点は少し遅延が発生することです。

-ネットワーク, パソコン, 備忘録

おすすめ!